2010年09月17日

職場におけるメンタルヘルス対策検討会・・・報告書公開

先日厚生労働省より「職場におけるメンタルヘルス対策検討会」の報告書が公開になりました。

こちら
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000q72m.html

<報告書のポイント>
1.一般定期健康診断に併せ、ストレスに関連する労働者の症状・不調を医師が確認する。
2.面接が必要とされた労働者は産業医等と面接を行う。その際は、上記ストレスに関連する症状や不調の状況、面接が必要かについて事業者に知らせない。
3.産業医等は労働者との面接の結果、必要と判断した場合は労働者の同意を得て、事業者に時間外労働の制限や作業の転換などについて意見を述べる。
4.事業者は、労働時間の短縮等を行う場合には、産業医等の意見を労働者に明示し、了解を得るための話合いを行う。

私も傍聴しにいきましたが、
「個人情報の取り扱い」
についてかなり議論をされていました。

個人的な意見としては
「個人情報の取り扱い」
にあまりこだわりすぎると弊害が出てくるのでは?
と思います。

結果について企業側には知らせない、
というと企業のメンタルヘルスへの取組が難しくなり、
結果として、効果の見えないメンタルヘルス対策を行うことに
なりかねません。

ともあれ、厚生労働省がメンタルヘルスに対して本気で取り組みを始めている
ということは、それだけニーズもあり、緊急性もある、ということなんだと
思うので、スマイングとしても企業と人に元気と笑顔を!届けられるように
メンタルヘルス事業に取り組みたいと思います。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。