2010年09月07日

準拠枠・・・それぞれの判断基準

カウンセリングを学んでいるときに習った「準拠枠」という言葉。
考え方や態度、評価や行動、価値観など自分の判断の基準となる枠組みのことをいうのですが
先日ある方とお話をしているときに、人それぞれ大きく異なるものなのだな、と
実感することがありました。

何を大事にして、何にこだわるのか、こういうときにはどういう行動をとるのか
など普段生活をしている中でも確実に個人個人の判断基準というものがあり
それは例えば自分の準拠枠に基づいて正当性を訴えていても
その価値観とは異なる考えを持った人が聞くと、全く理解できない話となることも
あるわけです。

この準拠枠というのは自分の考えの拠り所ともなるので、
そんなに簡単に変わったりすることはありません。
元々持って生まれた性格や小さいころからの生活習慣、しつけ、家庭環境、教育状況、
社会とのかかわり等が積み重なって出来上がる枠組みだからです。

人はそれぞれ異なった準拠枠があり、
必ずしも全ての人が自分の考えに対して賛同してくれるわけではないこと、
違う考えをする人がいるということ、
を理解しておく必要があると思います。

【関連する記事】
posted by terachi at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的なコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。