2009年10月19日

IT関連企業の人事労務と就業規則・メンタルヘルス対策セミナー開催します!

本セミナーでは、IT関連業界の特徴を踏まえた上で、会社も安心し、社員が納得でき、結果として会社が発展していくための「積極的なルール作り」という視点から、どのような労務管理を行えば労務トラブルを未然に防止することができるのか、自社のルールを就業規則として規定する場合のポイントはどこにあるのか等について、来年4月からの労働基準法改正ポイントも交えて分かりやすく解説していきます。
IT関連企業の経営者・人事担当者の方は、この機会にぜひご受講ください。

★当日、就業規則を持参いただくと、その場で改善点・未対応部分があるかどうかの無料診断を行います。
 就業規則の無料診断を希望される場合は、貴社の就業規則(コピー)をご持参ください。

また景況感も影響してか、メンタル不全者の増加が相変わらず続いているなか
「メンタルヘルス関連の仕事に時間を取られている」
「カウンセリングなどメンタルヘルス施策が使われていない」
「メンタルヘルス施策を実施したが、効果がわからない」
との意見を多くききます。

本セミナーでは、メンタルヘルス対策として成功例・失敗例の実際の事例を交えながら、メンタル不調者発生率を引き下げる方法、貴社のメンタルヘルス対策を機能させるヒントを説明いたします。
★実際にストレス診断を体験いただけるよう、ご希望の企業様へストレス診断テストの受講もご用意しております(オプション)。



セミナーのポイント
第一部 IT関連企業の人事労務と就業規則
(1) IT関連企業に起こりがちな労務トラブル 
(2) 会社に合った労働時間管理・休日・休憩時間の決め方
(3) 休職・復職ルールで健康管理対策
(4) 外国人を雇用するとき(出入国管理法改正の影響は?)
(5) 業界での偽装派遣問題
(6) 就業規則が会社の業績を左右する
(7) 来年4月から労働基準法はこう変わる

第二部 今どきのメンタルヘルス対策
〜事例からみた企業の成功例・失敗例〜
(1)職場内でのストレス蔓延で深刻化する企業のメンタルヘルス
(2)新型うつ病は怠け病?
  メンタルヘルスについて偏見や間違った理解がされている点を中心に説明
(3)なぜ企業はメンタルヘルス対策を行う必要があるのか?
(4)法的責任や経営的観点等からみた必要性とは?

第3部 就業規則無料診断・ストレス診断テスト受診(ご希望の方のみ)

セミナー概要
【開催日時】
2009年12月 8日(火)14:00〜17:00
2010年 1月14日(木)14:00〜17:00

【定員】  20名

【参加料金】  無料

【会場】
九段下フィナンシャルビル
http://www.financialclub.jp/access/index.html

〒100-0013 東京都千代田区飯田橋1-3-7
東京メトロ「九段下駅」より徒歩3分
・都営新宿線 3a出口【九段下方面改札より】
・半蔵門線 3a出口【表記なし:渋谷寄り改札より】
・東西線 7番出口【富士見口改札より】
JR、東京メトロ「飯田橋駅」より徒歩10分

お申込・詳細はこちらをご覧ください。
http://www.sming.jp/news/1001812/
posted by terachi at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。